2008年01月13日

東横イン前橋駅前

東横イン前橋駅前3連休の真ん中の日曜日とあって「東横インに泊まろう!!」と。
30%オフですから。

今回は東京旅行で、翌日にわたらせ渓谷鉄道と日光を満喫しようと思いプランを立てたところ、「日光を満喫するためには桐生8時台の列車に乗って日光へ向かわないと無理がある」ということが分かり、前日は18きっぷであることもあって桐生に近い前橋まで行っておくことに。
以前のように一律3950円の時代は東京で宿泊しても宿泊代は同じでしたが、30%オフになってからは通常価格が高い東京で泊まるよりも得というのもありました。

部屋は小さめのシングルで、一晩過ごすのにはちょうど良かったです。
かなり疲れていましたので、結局お風呂に入ってからすぐ寝ました。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

東横イン三郷駅前

東横イン三郷駅前東横インに泊まるのは2月の福井以来なので8ヶ月ぶり。
日曜祝日などの30%引きの日以外に宿泊するのは何回ぶりかな…。
東京競馬場の次の日に北総鉄道に乗ると決めて、便利いいところして思いついたのは武蔵野線沿線。
都心部のホテルも考えたのですが、こっちにして正解でした。
駅前には松屋があるので、夕食に焼肉カルビ定食食べました。

翌朝はおにぎりサービス。
私は和食派なので朝食がおにぎりのところを選んでいるのですが、選択の余地がなかった(^^;

難点だったのは、この日だけかもしれませんが担当の人が一人しかいなかったこと。
おかげでロビーが大混雑して、外に出るにも鍵を預かるまで時間がかかりすぎでした。
他の東横インのように二人対応なら問題ないのですけどね。
posted by うえしょう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

東京木場ホテル(2)

9月にもお世話になりました東京木場ホテル。
またまたお世話になることに。

今回も「じゃらん」で予約。24時過ぎてからチェックインすると3000円で泊まれるプランを利用しました。

場所は地下鉄東西線の木場駅からすぐのところにありますが、今回は私鉄乗りつぶしでゆりかもめの延長部分に乗りましたので、豊洲から歩いて30分ほどかけてやってきました。

9月に泊まったときはロッカーはナンバーロック式(任意の4桁の数字を入れたら鍵がかかるシステム)だったのですが、なんと鍵式のものに変わっておりました。
たしかに前のロッカーは老朽化か立て付けが悪くロックするのにコツが必要でしたので、この方が安心かも。

そして、「リラクゼーションができるお風呂」、サウナも含めて夜中2時まで満喫してました。
ただ、この日はとなりの人のテレビの音声がうるさくて、朝4時台まで大音量で騒々しかったです…。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

東京木場ホテル

東京木場ホテル東京木場ホテルは5年前に宿泊したことがあるので2回目です。
何しろ前回宿泊したのは5年前。このブログが始まる前でした。

場所は地下鉄東西線の木場駅からすぐのところにあります。
18きっぷなら別料金がかかりますが、JRで行きたいのであれば京葉線越中島からなら1kmちょっとですので、何とか歩けます。

今回は「じゃらん」で予約。24時過ぎてからチェックインすると3000円で泊まれるプランを利用しました。
かの有名な「オリンピックおじさん」山田直稔氏がオーナーのホテルです。
3階がお風呂で、4〜5階がカプセルホテル。6〜7階は普通のホテルです。

やはりなんといっても「リラクゼーションができるお風呂」。
サウナもついていて超快適です。
気持ちよかったので翌朝も入ってきました。
なお、お風呂は男女別で時間帯によって変わるようです。

あと、大きなカプセルも特徴的。
前回行ったときはカプセル内にコンセントがありませんでしたが、今はコンセントが設けられています(テレビの主電源をいれると電力が供給されます)。

8月の旅行では連続してカプセルホテルに泊まっていますが、設備的に一番快適なのはここですね。
ただ、この日は二つとなりの人のいびきがうるさくて、朝5時台に目覚まし鳴るのに止めないので騒々しかったです…。
posted by うえしょう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

カプセルイン秋葉原

カプセルイン秋葉原アキバで泊まったのは初めてです。
しかしアキバの近くということで、御徒町でしたらカプセルホテルに過去2回泊まったことがあるのですが、今回泊まったところの方が快適でした。
3000円のところ某サイトのポイントを300ポイント使いましたので、2700円で泊まれました。

8階から10階までは女性用、2階から7階が男性用になっています。
ロッカーにリュックがそのまま入るのは助かりました。
意外とカプセルホテルというと荷物の置場に困ることが多いんですよね〜。
けどお風呂は狭かったです。

それとLAN環境は良かったですが、外国人旅行客が結構長い時間備え付けのパソコンを使っていましたので、私は自前のノートパソコンを使ってました。
外国人旅行者の場合、海外との連絡の関係からかネット利用者が多いのかなという感じがしました。
(日本人が海外へ行く場合もそうかもしれませんが)。

この日は後輩と23時過ぎまで飲んでおりましたので、チェックインは24時。
風呂はさっと入って、2時ごろまでネットしていましたね。
その後はぐっすり寝られました。
泊まるだけと割り切るのなら手ごろなところです。
posted by うえしょう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

カプセルホテル天草

カプセルホテル天草カプセルホテル天草は最近オープンしたカプセルホテルのようで、1泊3300円。
今回はじゃらんポイントを300ポイント使ったので3000円です。
新しいこともあってか、かなり綺麗でした。

九州旅行で、天草に行きたいと思いホテルを探していたら、安いホテルの中でここが一番よさそうと思い決めました。
天草四郎メモリアルホールから、天草市の中心・本渡バスセンターまで1時間ほど乗車。
熊本市街から天草までの道のりは結構遠いです(飛行機も運航されているくらいです)。
天草への道のりはしまなみ街道のように島々を橋が架かっていてのどかな景色なのですが、本渡バスセンターあたりに来ると天草市の中心とあって、ファーストフードのお店があるちょっとしたオフィス街っていう感じです。

カプセルは男女別の部屋になっていて、男性部屋18室、女性部屋4室となっております。カプセル自体はごく一般的なものでした。
ホテルでは夕食はついていなかったので、近くの魚料理の美味しいところはないかホテルの人に聞いてみたところ、近くの「やまもと」を紹介してもらいましたので行ってきました。
ここは魚料理が中心のお店で、店内に大きな水槽があって活魚がいます。
私はあらだき定食を味わってきました。

そしてホテルに戻り、シャワー浴びます。
ロッカールーム&洗面所に1人用のシャワー室&更衣所が3つあり、備え付けのタオルを持って入るシステムになっています。
バスタブがないのですっきりしていますが、洗面台もないので水をためるのには困りました。
洗面器と椅子があれば…と思いました。

そしてロビーには無料のインターネットを楽しんでおりました。
パソコンは2台あり、1台はプリンタにつながっています。
私はパソコンを楽しんでおりましたが他のお客さんは使ってなかったです…。

最初はお客さんが少なかったのですが、24時前になると結構来ました。
週末だったこともありますが、呑んで家に帰る人が「代行タクシーを呼ぶよりもここに泊まって翌朝運転して帰ったほうが得」と言ってました。
住んでいる場所にも寄るんでしょうが、なるほどと思いました。
2430ごろ就寝し、630にカプセルホテル天草で起床。

朝食はパンが出ます。この日はロールパン2個とメロンパン。
オーブンで焼いてから食べます。寮は少ないですが朝食としては十分かな。

早速身支度して、745発のバスに乗るために740に本渡バスセンターに向けチェックアウト。
結構おすすめで、シャワー室をもう少し工夫すればさらによくなるように思いました。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(2) | TrackBack(2) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ホテルヴィアイン広島(2)

ヴィアイン広島22005年以来2度目の利用。今回も株主優待券の利用です。
インターネット予約やカープ応援割引も魅力的なんですけど、株主優待券が一番安いですからね。

今回は15時30分過ぎにチェックイン。
LAN付きの部屋をお願いし、さらに線路側の部屋にしてもらいました。
なぜかLANのカバーが外れにくかったのでフロントにお願いしてゼンマイ通しを持ってきて開けてもらいました。

ホテルの利用感については前回と同じです。
http://uesho-line.seesaa.net/article/5923850.html

朝食は500円でつけられたのですが、洋食だったのでパスして近くで食べることにしました。

外は非常に暑かったのですが、部屋の冷房はそれほど利かなかったです。とはいえ前回も夏だったのですがそのようなことはありませんでしたので、部屋の位置やフィルタの状態が原因だったのかなという気がします。

16時前に野球観戦のため外出。広島駅前郵便局の隣で、郵便局にはローソンが出来ていました。
今回はローソンパスを使うためにローソン利用にしましたが、ハートインでもICOCAマネーが使えるようになりポイントが貯まるようになればハートイン利用にするでしょう。
市民球場で野球を観て23時過ぎに戻ってきました。
疲れていたので入浴後、24時過ぎには就寝。

翌朝は6時半に眼が覚め、食事をどうしようかと思ったのですが銀山町のなか卯まで食べに行ってきました。
駅前にも食べるところは多くありますが、グリーンムーバーMAXに乗りたかったので町中まで歩いたのですわ。。

8時半ごろにホテルに戻り、9時半にチェックアウト。
広島駅を利用するなら非常に便利だと思います。
posted by うえしょう at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

ビジネスホテル三井

blog082.jpg某サイトで予約したホテル。宿は少し古い感じのビジネスホテルですが、ここで泊まるには事前準備が相当必要だなと感じました。
まずは、案内された地図が使い物にならない…。
西武、その少し先の「かに」を越えた所の交差点で右折、BKを過ぎコンビニ(ココストア)を右折と書いているのですが、西武はすでに更地になっていて、かに(かに将軍?)もありませんでした。適当に交差点を曲がったら名古屋銀行はあったけど、BKというのがココなのか不明(案内がBKとしかない)。それにココストアも見当たらない…。さすがにBKのところで宿に電話して道を聞いてしまいました。

また、ドライヤーがないのです。
これは口コミ情報に書いてありましたので想定の範囲内でしたが、結局はエアコンで髪を乾かしてました。
あとは熱湯がポットの湯(熱湯をポットに入れただけ)だったり、ひげ剃りがなかったりしましたが、4000円台前半なのでそれはそこまでは贅沢でしょう。
けど、中核都市の4000円台ホテルなら最近は結構マシなところあるんだけどね。
次もし泊まることがあれば、ある程度準備してくるか、他のホテルを探すかもしれません。
posted by うえしょう at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

平野屋旅館

blog076.jpg福島の飯坂温泉にある老舗の旅館「平野屋旅館」。
飯坂温泉の予約をするときに、いくつかの安宿を比較していたら、「平野屋旅館の夕食は豪華で食べきれない」という口コミがあって、ここにしようと思いました。

ただ、この日は仙台で野球観戦する予定でしたので、夕食は無理。結局、朝食のみを頼むことにしました。
福島競馬観戦とあわせれば夕食から食べられるかな…。

建物は新しくはないものの「落ち着いた宿」との評判でしたが、部屋に入ってみるとまさにそんな感じでした。
1970年代の雰囲気が漂う中、部屋は丁寧に掃除されていました。

そして遅めの大浴場で一人、温泉を満喫していました。
温泉はMTMM(鉄道趣味でMTMMと書くと「クモハ・サハ・モハ・クモハ」の4連になるけど、これは温泉用語で「無色透明無味無臭」の意味)で、熱めの湯。
水を入れられるようにホースが設けられていて、蛇口から水をひねって中に水を入れて入浴していました。

翌朝もの小さい方の温泉で朝風呂してから、朝食。朝食といっても何せボリュームたっぷり。
ご飯は茶碗3杯分、吉野家の納豆定食+焼魚定食+サラダ+珈琲といった内容。噂どおりでした。
それを完食。朝から満腹だわ。

福島に行くことがあれば、また泊まりたいなと思いました。
posted by うえしょう at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

東横イン佐賀駅前

yado001.jpg九州旅行で使用。
例によって3連休の真ん中だったんで、迷わず「日曜祝日キャンペーン」が適用になる東横インを選択。
4095円で朝食付きだもんね〜。

翌日に有田鉄道に乗るとあって、どこが便利かを考えたところ佐賀駅前に。
別府のラクテンチから平成筑豊鉄道に乗ると考えると、福岡か佐賀での宿泊が便利かな。
今回は普通乗車券での移動ですので、運賃的に安くなることを考えて佐賀にしました。
佐賀といっても福岡の隣ですし、筑豊本線で原田に抜けてしまえば普通でも1時間かかりませんからねえ。

駅前とあってホームが見える部屋を希望したら、デラックスシングルを案内していただきました。
すでにほかのお客様がチェックインしていたためシングルの空き部屋がなかったんですね。
日宿キャンペーンはシングルに適用されるのが普通なのですが、東横イン佐賀駅前ではシングルのみでなく、デラックスシングルでも適用になるのです。これははじめて知りました。無理なお願いを快諾してくださったスタッフに感謝。感謝。

東横インというとオートロックでないところが多いという印象があるのですが、東横イン佐賀駅前はオートロックでした。
夜は部屋で直方で買ったかしわめしを食べて、少しネットして24時ごろに寝ました。
7時過ぎに起床し、かもめ1号を見届けてから1階ロビーへ。
朝食はおにぎりのサービス。例によっておにぎり3つを食べました。
列車時間を考えて朝7時45分にチェックアウト。
posted by うえしょう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ザ・プラトンホテル

blog061.jpg近鉄四日市駅から歩いて4分のところにある「ザ・プラトンホテル」
2007年を記念して作られている「新春特別プラン」という、税差込で2007円で宿泊。毎年、好評みたい。
だけど、来年は1円値上げされているんだろうな(笑)。

玄関はそれなりに綺麗だったけど、結婚披露宴とに次回で使った人で群がっていました。
宿泊よりも宴会がメインなのかもしれないです。

部屋はオートロックで、東横インに泊まりなれている私から見ると、結構広く感じました。
ユニットバスも大きかったですし。

また、インターネットも無料で出来るのは快適。
以前の東横イン同様、ケーブルは貸してくれるシステムになっていました。
(最近の東横インは、ケーブル付きに改造なっている)
しかし、1回電源を切った後に再接続ができなくなるというハプニング。
結局、LANケーブルを根元から一旦外してつなぎなおすと、直ったけど、これで結構ロスしたなあ。

あと、食事は付いていないので、夕食は近くで済まそうとネットで調べたら、500mほど歩けば松屋があることが分かったので足を延ばしてきました。。

でも、今回はやっぱり値段が魅力的だったかな。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

金沢マンテンホテル駅前

blog060.jpg引越しでガスが付かなかったので、マンテンホテルで宿泊することに。
荷物が一通り片付いてから、歩いてマンテンホテルへ。

今日は家族で宿泊なのでツイン2部屋。それなりに大きい。
それに、ここは5年前ほどに出来たホテルなので、綺麗。

そして大浴場へ。
金沢はアパホテルのお風呂が結構有名なので、大浴場は魅力ポイントにもなっているのだ。
サウナもあり、泡風呂があり、露天風呂が…。
さすが、結構大きかった。
一番よかったのは、やっぱり露天風呂かな。

あと、チェックアウトも、鍵を返却ボックスに入れたら終了という、アパホテルを意識した造り。
本店は富山で、今(2006年現在)富山に3店舗と金沢の計4店舗あるみたい。

満足度は宣伝にもある「100点満点」とまではいかないけど、それに近いものがあったかなあ。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

東横イン横浜日本大通り駅日銀前

blog059.jpg関内にある東横インの一つ。関内には横浜スタジアムの近くにも東横インが2軒あるという、東横イン密集地。
今回は翌日に城ヶ島に行きたかったため、城ヶ島に出来るだけ近いところでの宿泊を検討。
前日は小岩での予定だったとはいえ、夜の間に横浜まで移動すれば楽になるかな、と。
3連休の真ん中だったんで、迷わず「日曜祝日キャンペーン」が適用になる東横インを選択。
4095円で朝食付きだもんね〜。

さて、関内に3軒もある東横イン。
「どこで宿泊しようかな」と考えるとき、私はまずは値段で決めるのですが、日曜祝日キャンペーンなので値段は一緒。
となると、翌日の朝食がご飯かパンかで決めています。ご飯の方がいいなあ。
すると、横浜日本大通り駅日銀前はおにぎりだったということもあって、ここを選択。

さて、22時ごろに宿にチェックイン。
当日は、「9月に東横インから送られてきた500円券も使えるのかな〜」と思ったら、日曜祝日キャンペーンとの併用は出来ないとのこと。
まあ、これでも4095円なんで十分なんですけどね。
ネットで予約したとあって靴下がもらえるんですけど、それがいくつかのグッズの選択になっていて、携帯ストラップをもらいました。

1時間睡眠だった私は、夢を見ることもなくベッドで8時間爆睡しました。
朝食の数種類のおにぎりと味噌汁、コーヒーかお茶といった組み合わせ。
コーヒーとご飯と言う組み合わせはユニークかも?。
おにぎり3つ頂戴しました。
posted by うえしょう at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

スマイルホテル博多(旧ホテル123博多ぞんたあく)

blog055.jpg9月に旅行を計画していた時点では東横インに泊まろうかなと思っていたのだけど、今回は急遽1ヶ月早めて九州旅行をすることになったので、前日にじゃらんで予約。
博多周辺のホテルを調べるといくつかあったけど、「朝食付き」に魅かれてここにした。
このプランは4480円と格安で、口コミも見るとベッドが大きいみたい。
4480円といっても、さらにじゃらんで申し込むとじゃらんポイント(5%)、ティーポイント(1%)が入り、私の場合はバリューコマースのショッパーズクラブ(100円)やクレジットカードでの支払いのポイント(約100円相当)も考えると、4000円程度で泊まっている事になる。
※じゃらんによる予約でティーポイントが入るのは2006年10月31日まで。

チェックインは23時までに済ませないといけないのですが、今回は旅程が2ギリギリだったので、締め切り6分前にチェックイン。
博多駅の近くではなく、地下鉄中洲川端駅から徒歩10分(実際は7分くらい?)の距離。

夜を食べていなかったので、中州の屋台に行くことに。
チェックインのときに屋台についてもたずねたら丁寧に教えてくれたのが良かった〜。
博多は何回も来ているのだけど、屋台に行く機会がなかったので実は今回が初めて。
結局、遅かったのでホテル近くの須崎町エリアの屋台「俵ちゃん」ってところでラーメンとビールと焼き鳥を食べてきた。
ラーメンが美味。

客室は思っていたよりも広く、シングルで泊まってもセミダブル仕様のベッドなので大変快適。
椅子も2つ付いていて、風呂上がりにはもう一つの椅子に座ってくつろげたし。

翌朝の朝食は食券方式。チェックインのときに和定食か洋定食か選べる。
私はふだん朝食はご飯なので和定食にした。
すると、ごはんに鮭、のり、味噌汁など、吉野家の朝定食の焼魚定食より少しいいものが出てきた。
さらにコーヒーも飲める。味もなかなかだった。

今回は泊まるだけなのでインターネットは考えていなかったのだけど、頼めばインターネット付きの部屋も予約できるみたい。

とはいえこの値段でこのサービスとは快適。
じゃらんでホテルに泊まったのは3回目だけど、今回がいちばん「当たり」だったなあ。
posted by うえしょう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

東横イン名古屋駅桜通口新館

blog044.jpg今日の宿は「東横イン名古屋駅桜通口新館」。
東横インは最近は法令遵守違反で問題になっているけど、格安でネット使い放題とあって好きなホテルなので、頑張ってほしいと思う。
まあ、室内などでも利用者の使い勝手がよくなるような設計をしてあるのが裏目に出たのかなあ。まあ、「姉歯物件」のホテルよりはよっぽどいいと思う。

今日は土曜だけど祝日なので「日曜祝日キャンペーン」が適用されるのだ。
「日曜祝日キャンペーン」の適用日は、東横インの会員は3950円(税抜)で泊まれるのだ。
通常価格だと6000円弱なので、お値打ちもの。月曜が祝日のときの日曜日とか、狙って泊まるとおいしいのだ。
このあたりのサービスがいいんだよね、東横インって。

予約したのは一週間前。あれこれ問題になっているせいか、キャンペーン日なのに簡単に予約できた。
最近はネットで予約するので、クーポンがなく迷子になることも。けど、今回は東横インもすぐ見つかったのはいいけど、2軒並んでいるのだ。
本館と新館があって、どっちで予約したか忘れてしまった。とりあえず手前にあった本館に入り、名前を告げたら「予約入れたのは新館です」と教えてくれた。
そういや以前、仙台でも同じようなことをしたっけ。

そして新館に入りなおしてチェックイン。日曜祝日キャンペーンでと申し出て、3936円券(会員になるともらえる宿泊用の金券)と現金で支払い。
ちなみにフロントには「好きなホテルなので、逆境にめげずに頑張ってほしい」と応援メッセージを告げたら「お客様の応援が励みになってうれしいです」と喜んでもらえた(^^;

新館は19時から30食限定でカレーのサービスがある。カレーはごく普通のものだけど、夜に食事があって、食事がただと言うのはうれしい。
案の定、新館はカレー目当てで早くからチェックインする人が多いのか、19時すぎに着いたのにすでに20人くらいカレーを食べていた。
そんなわけで部屋(405号室)に上がらず、先に食事。なお、カレーをいただくには新館のルームキーが必要(本館で食べに来た人がいたために取った処置らしい)。

ホテルでは少し仕事をしながら、結局はオリンピックを見てしまう。ノルディック複合は日本勢が最近は劣勢だけど、到達順で順位が確定するあたり、面白い競技だと思う。ホテルでノルディック複合というと、14年前に早大受験した前日に泊まったホテルで「日本団体金メダル」を見てたのを思い出したわ。


翌日は6時45分に起床。名鉄名古屋7時41分発なので、少し早起き。
7時からは朝食のおにぎりサービスがある。朝食サービスは結構多くの東横インで導入されているのでそれほど珍しくはないけど、あるのはやっぱりうれしい。

結局、1泊2食付で3950円。宿泊にネットカフェを使う人もいるみたいだけど、風「呂、ベッド、トイレ、インターネットが完備のネットカフェ」という感じで見れば、似たような値段だなあ(笑)
posted by うえしょう at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

高尾の森わくわくビレッジ

高尾の森わくわくビレッジ」は、旧都立八王子高陵高等学校の施設を改修して2005年にオープンした野外体験活動等を行う施設。
さしずめ吹田市にいた私の場合、近江今津にある少年自然の家みたいなものかなという感じでもあるけど、むしろ各種施設は充実しているし、廃校になった高校とはいえバブル期に立てられた高校とあって十分に綺麗なところ。
お風呂がとにかく綺麗。大人数対応のお風呂なので大きいのだけど、ちょうど自分の入ったときは空いていたので満喫してきた。
何しろ宿泊施設としては今年オープンしたばかりなので綺麗なのだ。
1階は食堂と各種施設、2・3階は宿泊施設、浴場と研修室など。4階は教室で、ここは高校だったころの名残がある。
グラウンドはバーベキューやテントなどの野外施設になっていて、青少年向けには非常によさげなところ。高尾山にも近く、学習施設としては非常にいい環境に思う。
宿泊料金は一般の施設利用者なら3150円(8人部屋の場合)と、この手の施設ではまずまずの値段だと思う。

今回は時刻表仲間(と親しくしているクイズ系の団体)とでの宿泊。そんな中我々が利用するのも結構いい。我々は研修室でクイズ大会「でんきゅうステークス」をしたりして楽しんだ。
posted by うえしょう at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

ホテル・ヴィアイン広島

yado05002.jpgヴィアイン広島はJRグループのホテルで、ホテルグランヴィアの格安版である。最近できたようなつくりで、綺麗だった。
値段はシングル6850円だけど、JR西日本の株主優待券を使ったので2割引の5460円で宿泊できた。また泊まりたくなる、非常にいいホテルだ。

広島旅行で、ムーンライト山陽の運転がないこともありホテルに泊まることにしたのだ。前日まで広島旅行がどうなるか分からなかったこともあって、旅行敢行後、網干で切離しのため停車中の時間を利用して電話して予約。無事、LANの部屋が取れた。
最近は宿選びにしてもネット環境の良い東横インか、安さを「じゃらん」で追求することを考えるのだけど、JR西日本からの株主優待券を見ていて「この値段なら東横インと変わらないな」と思い、場所が広島駅前と非常に良く、野球観戦、翌日の行動の両方をとっても動きやすいヴィアインにしたのだ。

15時過ぎにチェックイン、案内されたのは私の部屋からは北側だったので、窓から列車が見渡せる「トレイン・ビュー」が楽しめてよかった。野球観戦まで1時間あまり休憩し、出発。戻りは23時過ぎになったけど、快く迎えてくれた。
部屋はビジネスホテル並みで、一夜を過ごすには十分。希望すれば追加料金なしでLAN回線付きの部屋になるので、高速LAN接続でインターネットが楽しめた。あと、シャワーもよくあるユニットタイプのものだったけど、おしり洗浄付きの便器などは上等な部類だ。また、ドライヤーも小さなものが引き出しに入っていた。備え付けではないので部屋で乾かせてよかった。
結局、24時過ぎまでインターネットしていて、翌朝もゆっくり出ることにしたのでインターネットしてた。
posted by うえしょう at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

駅の宿ひらふ

yado05001.jpg今日の宿は「駅の宿ひらふ」。
駅舎を民宿にしたようなところで、以前にも新聞などで紹介されていて知ってたのだけど、泊まるのは初めて。駅から17歩というのがウリだ。
1泊3000円だけど、季節によっては暖房費などが他にいるのでもう少し必要なこともある。今回は行程がはっきり決まらず宿は直前まで予約していなかったので、「じゃらん」で予約したのはいいが予約金を振り込むことはできなかったので200円UPになってしまった。結局、じゃらんの割引を差し引いて3200円だった。とはいえフツーのホテルに比べれば安いので、安宿感覚で泊まるのがいいと思う。

札幌から快速とDCを乗り継いで比羅夫に到着すると、すぐに出迎えてくれた。この日は空いていたので通常の部屋ではなくログハウスを案内された。ラッキー。丸太小屋には「八雲からスキーで来た」という方が先にいました。
やはり、ここの名物は「お風呂」。丸太を繰りぬいて作ったもので、入浴時には石油ストーブで部屋を暖めるといった感じ。「北の国から」に出てきそうなお洒落なところだ。
そしてお風呂に行くのも、丸太小屋に行くのも、通るのは駅のホーム。お風呂は1時間ほどた〜っぷり満喫。昼間の野球観戦の疲れも吹き飛んだ(大量安打、大量得点でかなり疲れていた(笑))。
今回は食事なしだったけど、夏季シーズンの夕食はホームでバーベキューをしているみたいだ。

なんと無線LANが整備されているので、少しインターネットを楽しむ。ただ、ログハウスまで無線は届かなかったので、駅舎と一体になっている本館に移動した。
すると秘境駅や終着駅などによくある旅ノートがあったので少し拝見。パラパラとめくっていると、「鉄ちゃんたちに100の質問」に答えてくれている栗太郡綣村人さん(栗太郡綣村人のページ)とよねざわいずみさん(いずみちゃん.com)も来ていたみたいで、宿の感想書いてないかな〜とサイトを開き、宿泊した日の日記を拝見。宿の写真や感想etc.を拝見しました。やっぱり丸太小屋のお風呂は好評みたい。
それにしても「無線インターネットが使える宿」ということは、「比羅夫駅はネットスポット駅!?」超近代的だわ…。そして24時前に就寝。

翌朝は550比羅夫通過の回送で目が覚め、出発までスキーしに来た方としばし談笑。ここはニセコスキー場の近くとあって、スキーするにも便利な所(私も9年前にはニセコでスキーした)。今日は天候が悪く心配しているようだった。
確かにニセコは荒れることが多いみたいだけど。そして、小幌駅を探訪すべく始発の長万部行きで出発しました。
今回は時間がなかったので食事なしだったけど、次来る時は食事付きにしたいな〜♪
posted by うえしょう at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

ビジネスホテルたきざわ

yado04008.jpg「北陸おでかけパス」使って東京へ行く途中に宿泊。「ビジネスホテルたきざわ」は4500円と安いビジネスホテルだ。
高崎で泊まった理由は、東京まで行くと宿泊費が高くなるのと、翌日の集合が上野10時ということもあり、高崎あたりで泊まって8時に出れば十分間に合うからだ。

この日は徹夜明けで福井を出て、高崎に昼過ぎ到着、上信電鉄で下仁田往復したら夕方になり、徹夜明けで疲れていたのですぐチェックイン。寝不足だったので横になったら3時間も爆睡してしまった…。
宿の感想だけど、立地条件が高崎駅から徒歩5分程度と近いのがよかった。部屋は綺麗とまではいかないが、設備は一通りそろっていた。1泊なら十分だ。
この手のホテルは食事なしで泊まるので、夕食は昼寝後に近くにあった松屋(株主優待券があるのでよく利用する(笑))で済ます。
翌日、朝食は取らずにチェックアウト、「グリーン車Suicaシステム」で赤羽までグリーン車に乗り、だるま弁当で食を満喫してきた。

また、今回は初めて「じゃらん」で予約。今までは「旅の窓口」を使ってたけど、ライブドアの球界参入を潰した会社に買収されたのと、アフィリエイトがケチになったのとで嫌いになり、移行することにした。
「じゃらん」は「楽天トラベル(旅の窓口)」に比べて登録宿数は少ないけど、蔦屋のTポイントも貯まるなどいいシステムだと思う。TポイントはローソンやENEOSでも貯めているし。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

グリーンプラザ新宿

今日は宿泊する予定はなかったけど、台風22号の影響で375Mがウヤになったため(「ムーンライトながら大垣行きが運休になった」を専門用語で言うとこうなる)グリーンプラザ新宿のカプセルで泊まった。安いんだけど予想外の出費だったので、あまり安いと感じていない。
とはいえカプセルホテルにしてみれば上出来で、ねだんは友達がクーポンもっていて3800円だったかな。とはいえ3000円程度のカプセルなら他にもあるので、ざっとこんな感じかなと思った。
翌日は新快速のリバイバル運転に乗ろうと思っていたんだけどこれも諦めかな。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。