2007年05月11日

やっぱり好きだった阪急電車1(中学校の頃)

中学校からは某私立中学校に通うことになり、毎日大好きな阪急電車で通学しておりました。
ただ、乗る路線は普通列車しかない阪急千里線(厳密には淡路以南には堺筋急行があったりしましたが、通学で利用するのは豊津から北千里までなので通学経路からは外れていた)。遠くから通学していた友達が羨ましかったりしました。
そのうち、「他の線路にも乗りたい」とばかりに、GWに発売されたフリー切符をもとに阪急全線完乗の旅をしました。阪急電車は小学校のときに神戸線・宝塚線・京都線・千里線・嵐山線・箕面線と今津線の西宮北口−宝塚には乗っていたのですが、そのほかの線はまだ乗っておりませんでした。
今津線、甲陽線、伊丹線の順に乗ってあっさり阪急完乗しました。

阪急を完乗した後も、まだ日が余っていることから早朝に走っている6300系の急行に淡路から河原町まで乗ったり、六甲から山陽電車の車両に乗ったりして楽しんでおりました。

その他、阪急好きの性格は、こんなところにもありました。
梅田に行くのに、最寄の地下鉄御堂筋線を利用すると家から20分ほどで行けるのに、40分ほどかかる阪急千里線でよく行ったものです。
阪急の方が地下鉄よりも10円ほど運賃が安かったのも理由ですが、やっぱり好きだったのでしょう。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。