2006年12月21日

京阪中之島新線の駅名決定(2)。「中之島線」は最高、「中之島駅」は再考。

京阪中之島新線の名称についてですが、「中之島線」は中之島の南側に沿って通ることから、路線名としては非常に良いな名前だと思います。
しかし、大阪をよく知るものとして、駅名としての「中之島」は正直言って紛らわしいです。

大阪市役所や中央公会堂周辺も「中之島」と呼びますし、大阪国際会議場や大阪大学中之島センター(昔、医学部があったところ)も「中之島」。一応、地係はなにわ橋駅も中之島駅も「中之島」になります。
島の面積的に広いのは「中之島駅周辺」なのですが、普段、大阪で生活していると中之島でも市役所周辺の方に行く用事の方が多いので、「中之島」というと中之島駅周辺に用事のある人や阪大生などを除けば、「大江橋駅からなにわ橋駅周辺」を連想する人の方が多いと思います。

おそらく、京阪の狙いとしては「玉江橋ゆき」よりも「中之島ゆき」の方が、中之島方面に行くことが分かりやすいという考えなのでしょう。
京阪には他にも「深草」など駅名と地名がずれている(地名が広い地域を示す)ケースがあるので、とくに不思議とも考えていないのかもしれません。
そもそも、中之島線は将来的には西九条までの路線延長の計画もあり、将来的には中之島方面ゆきは「西九条ゆき」となってしまうので、長期的に見れば安直な考えとしか思えません(延長後も駅の構造的に「中之島ゆき」の列車は残りますが…)。

まだ開業まで2年あるので、「中之島駅」は再考の上、仮称どおり「玉江橋駅」にすることを望みます。

なお、今回の駅名決定で京橋から渡辺橋まで5駅連続して「橋」が続くことになります。
これが「玉江橋駅」になれば6駅連続、さらに西九条延長時には、位置的に考えると「船津橋駅」が設けられる可能性が濃厚で、「橋」の付く駅が7駅連続となります。「話題づくりのために」というのも変な話かもしれませんが、「中之島駅」の名称についてはぜひ再考して欲しいです。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28097305

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。