2006年11月30日

関西の快速・普通列車にもグリーン車を(3)

関東では常磐線にもグリーン車を導入する予定でして、好評であれば中央線や埼京線などにもグリーン車連結の要望が出てくるのではないかと思います。

関西でも、琵琶湖線(北陸本線敦賀以南を含む)・湖西線・JR京都線・JR神戸線(赤穂線播州赤穂以東を含む)でのグリーン車が定着すれば、JR宝塚線・大和路線・阪和線(関西空港線含む)・嵯峨野線・奈良線などでも拡大の声が聞かれるようになるのではないかと思います。

琵琶湖線やJR神戸線なども含め、路線的には下に述べるようなグリーン車の需要があると思います。
・琵琶湖線…敦賀・長浜はともかく草津・守山あたりからでも大阪となると時間もかかりますし、米原方面始発の列車だと着席できないので、「着席乗車」を求む層に利用される。
・湖西線…近江舞子あたりから京都・大阪へはある程度の時間が必要なので、グリーン車を利用したくなる需要はある。近江今津なら特急が利用できる…。
・JR京都線…「着席乗車」を求む層に利用される
・JR神戸線…播州赤穂・姫路はともかく明石・加古川あたりから大阪となると時間もかかりますし、姫路方面始発の列車だと着席できないので、「着席乗車」を求む層に利用される。また、阪神〜山陽といった私鉄直通列車との対抗に繋がる。
・JR宝塚線…相野あたりから大阪となるとある程度の時間が必要なので、グリーン車を利用したくなる需要はある。篠山口なら特急が利用できるが…。
・大和路線…乗車時間が短いので、あまり需要はないことが想定されるが、大阪での乗換え利用は多少見込める。あとは観光需要が存在する。
・奈良線…乗車時間が短いので、あまり需要はないことが想定されるが、京都での乗換え利用は多少見込める。他には観光需要が多数存在し、近鉄特急との対抗に直結する。
・阪和線…乗車時間がある程度長いため、需要は見込まれる。あとは関空への需要が存在する。また、南海「サザン」や空港急行との対抗ができる。
・嵯峨野線…園部から京都までだと短いので、あまり需要はないことが想定される。ただし京都での乗換え利用は多少見込め。観光需要が存在する。福知山・綾部方面からだと乗車時間的には理想であるが、ワンマン運転となるためグリーン車の運転は難しい。

以上を考えると、優先順位は
琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線>湖西線>阪和線>JR奈良線>大和路線>JR宝塚線>嵯峨野線
の順番かなという気がします。

阪和線導入なら、221系を使用している大和路線やJR奈良線も同時にグリーン車にしたらいいと思いますけどね。
JR宝塚線と嵯峨野線は難しいかも。
あと、草津線は検討の余地があるかもしれませんが…。
本当なら中京圏や岡山方面・北陸方面へも延ばしたいところですけど…。

ここまで実現したら、関西の各地に行くのにグリーン車を重宝するかも。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | うえしょうの「鉄道総論」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。

* 関東では常磐線にもグリーン車を導入する予定でして、

 ホームの長さ、どの列車にグリーン車をつけるのか、などの問題はあるでしょうが、中央線のグリーン車はあってもよいかもしれませんね。

* 琵琶湖線やJR神戸線なども含め、

 長距離を走る新快速あたりならそれなりの需要はあるでしょう。私鉄に負けていた国鉄時代とは状況は変わっています。ただ、値段は500円ぐらいで、席はそれなりのものを提供しないといけないですね。関空特快の椅子では誰も使ってくれません。
Posted by たべちゃん at 2006年12月03日 14:11
確かに高尾〜大月から東京・新宿となると欲しいですね。中央線以外にも、埼京線あたりも西武「小江戸」との対抗などの需要があるかと思います。

関西のグリーン車の座席は、やはり普通車のグレードもいいので、それなりのものが欲しいです。値段は現在の関東体系をそのまま取り入れるのがいいと思います。ホリデー料金(50kmまで)が550円と「500円くらい」ですし…。
Posted by うえしょう at 2006年12月03日 15:41
 書き忘れていたことがあったので、追記します。

* ・阪和線…乗車時間がある程度長いため、

 それよりも短い4両の快速を何とかしてもらいたいです。和歌山付近ならともかく、天王寺口では6両はいります。
Posted by たべちゃん at 2006年12月09日 14:21
確かに阪和線の短編成化は以前から大きな問題になっていますね。
221系は結構酷使して使っているので、阪和線から221系は撤退、代わりは関空対策にも使える223系の組み換え&増備で、2階建てグリーン(グリーン席は2階部分の半室程度?)で対応ってのはどうでしょうか。
Posted by うえしょう at 2006年12月14日 00:27
うえしょうさん。おはようございます。

 アーバンネットワーク圏内のグリーン車導入ですが、線区としては東海道・山陽線内で十分であると思います。
 阪和線においても導入の要望もあるようですが、関空方面にははるか、和歌山方面にはくろしおもあり、元々223・225系が着席数は少ないものの、1−2シートを導入していることで、あまり需要はなさそうな気がします。(もちろん、過去に関空快速の指定席車の失敗例は全く別にして)
Posted by つるりん at 2015年02月21日 11:20
うえしょうさん。こんばんわ。

 そもそも新快速のグリーン車の導入というのは混雑対策のためのものであって、結局新快速の停車駅を増やしてしまったことがそうしてしまったのではないでしょうか。
 もう一つは新快速と快速が差別化で昭和60年3月改正で快速が高槻以降を各駅としたこと、平成2年改正では新快速を高槻停車としたことが混雑を招いたと思います。

 以前にも書きましたが、私個人的には新快速のグリーン車導入は賛成ですが、導入する種別は新快速と快速で、快速はすべて明石〜京都間とすれば新快速に集中することも少なく、乗車するにも分散することにもなります。特に快速利用者で特に草津以東の普通のみ停車(篠原・安土・稲枝・河瀬など)の利便性向上にもなると思います。

 逆にグリーン車導入反対の場合の意見の考えとしては、朝・夕時間帯では新快速の停車駅を減らした特別快速・通勤快速の設定、快速を先述した京都〜明石間の快速運転とし、反面データイムは新快速と区間快速を新設(須磨〜高槻間快速運転)すればどうかと思います。
 特別快速の停車駅は新快速の停車駅から芦屋・高槻・山科・南草津を通過、湖西線は京都以降で大津京・比叡山坂本・堅田・近江舞子・安曇川・近江今津以降各駅とします。
 山科へは京都で快速か湖西線普通に乗り換えで対応する。
 通勤快速は大阪始発で下りで芦屋・三宮・神戸・明石・加古川・姫路(尼崎・西明石通過)
上りは新大阪・京都・大津・草津・近江八幡・能登川・彦根・米原(高槻・山科・石山・守山・野洲通過)

 
Posted by つるりん at 2015年04月07日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。