2008年02月29日

そして大学合格し、播但線50系と余部鉄橋の旅

浪人生活から1年が経て、晴れて大学合格。
「これで旅行できるぞ!」と、青春18きっぷを1冊購入。
今までは車両を見るのが目的で東海道・山陽本線で東奔西走していましたので、播但線の50系客車がなくなるとあって大阪→姫路→和田山→城崎(現・城崎温泉)→鳥取→津山→姫路→大阪という6の字乗車をしました。
播但線ではあんなにたくさんあった50系客車がこの春の改正でDCに置き換えになるという話。
他にも余部鉄橋を体験できるというのも見所。
とはいえ「50系がなくなるから乗りに行こう」と思ったわけではなく、ずっと暖めていたプランの一つだったのですけどね。

山陰本線でもしょっちゅう見ていた50系が消えてしまうというのは、ただビックリするばかり。
最近登場した客車なのに…という思いはありました。

客車って気動車と比べて格段に静かなので好きなのですよ。
姫路から和田山までの客車をとても楽しんでおりました。

和田山から先の山陰本線も始めて。余部鉄橋を渡って鳥取まで行って来ました。
やっぱりあの鉄橋は感動ものです。
その後は姫新線と因美線の乗りつぶし。
姫新線の車内では、同じルートで神戸から来ていた人と話していましたっけ。
旅先で人と知り合って長い時間お話しするのは初めてだったかもしれません。
結構楽しかったです。

---
当ブログ「Uesho-Line Blog」はアメブロに移行致しました。
以降先のアドレスは
http://ameblo.jp/uesho-line/
となります。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

「びわこ京阪奈線」は有効だけど…(1)

米原から近江鉄道で貴生川、そこから信楽高原鉄道で信楽に出る路線と、信楽から宇治・城陽方面に新線を作り、計画中の片奈連絡線(区間は未定だが、ここでは長池−京田辺とする)を経て学研都市線に直通するという、東海道本線のバイパスを作る計画があります。

このバイパス路線なるものが「びわこ京阪奈線」です。
http://www.pref.shiga.jp/kakuka/h/kotsu-s/biwako-keihanna.html

このサイトを見ていただければ分かりますが、琵琶湖線に比べて開発が遅れていることを理由に、湖南地区を中心に路線の必要性が叫ばれています。
この路線は宇治市東部から信楽・湖南地区と学研都市や大阪を直通する足としてのほか、震災時のバイパスルートとして期待されます。

個人的にももちろんできて欲しい路線であることは確かですが、先に結論を書くと、「優先順位」というものを考えると「関西本線の整備(電化&高速化)の方が先かな」という感じもします。
けど、ある程度の有用性はあるのは確かなところです。

どのくらい需要があるかは疑問もあるが、特急は3〜4時間に1本程度、普通が1時間1本程度が妥当だろう。たとえば特急は、大阪を10・13・16・19時、米原を6・10・13・16時台に出るとすれば、通勤・用務・観光とも便利なダイヤとなります。

実際にダイヤを考えてみたところ、以下のようになると予想されます。
・特急(JR区間はライナー)と普通の2本立て。
・特急は1日3〜4往復(1往復は週末の観光シーズンのみ)の運転。キハ110系を振り子にして急行仕様にしたようなものをイメージ。
・特急の所要時間は途中通過運転で米原−京橋で1時間台後半、八日市−京橋では100分程度。
・普通については城陽−貴生川は1時間1本、貴生川から米原は1時間1〜2本。所要時間は従来と同じ程度(城陽以西は多数なので省略)。

特急を走らせるために振り子DC車両の投入と路盤の強化を行う必要があるが、現在のJR京都線・琵琶湖線と比較すると、このくらいの整備をしないと意味がないところ。理想は電化ですが、震災時以外にはあまり威力がない感じもします。

この「びわ湖京阪奈線」の詳細な評価は次回記します。

---
当ブログ「Uesho-Line Blog」はアメブロに移行致しました。
以降先のアドレスは
http://ameblo.jp/uesho-line/
となります。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | うえしょうの「鉄道総論」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

時刻表への投稿(2)

JTB時刻表「グッたいむ」については、自分のネタ以外に他の人の投稿を読むのも楽しみにしました。
今のようにインターネットも発達していない時代だったこともあって、ここは貴重な情報源にもなりますし、他の投稿者(グッたいみすと)がどのような旅行をしているのか、鉄道の何がが好きなのかとか知るいいコーナーですし…。

特に常連さんにもなると、本人に会わなくても読んでいるうちに、何人かのグッたいみすとについては性格がある程度想像してしまうのですよね。
「グッたいみすとに会いたいな〜」と思ったのもこの頃からですね。

各ネタには居住地(市町村単位)とペンネームが掲載されるのですが、私の住んでいる吹田市にもう一人常連さん「森かげの花」さんという方がいたのです。
そんなこともあってか「森かげの花さんってどんな人なんだろう〜」と思ったものです。
ネタの内容から「南千里付近に住んでいて、結婚指輪よりもオレカが欲しい」という人だ、というところまでは想像したりしておりました。

今みたいにネットも発達しておりませんし、浪人生活の身。当然会うこともなく月日は経っていきました。
ちなみに森かげの花さんと実際に会ったのは、これから5年後のことでした。

---
当ブログ「Uesho-Line Blog」はアメブロに移行致しました。
以降先のアドレスは
http://ameblo.jp/uesho-line/
となります。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

Uesho-Line Blogをアメブロに移行します

当ブログ「Uesho-Line Blog」ですが、このほどアメブロに移行致しましたので連絡いたします。

以降先のアドレスは
http://ameblo.jp/uesho-line/
となります。

移行期間として、3月上旬までにつきましては両方のブログで更新いたします。なお、3月中旬以降につきましてはアメブロのみの更新となります。
なお、都合により2月10日の旅行記はアメブロ側のみの更新と致しました。
正式な以降日は2月19日付けと致します。


移行の理由ですがSeasaaが重くなってきたこと、アメブロの方が多機能で面白い機能が豊富についていることがその理由です。メインブログはやはり面白いところの方がいいかなと思いました。

なお、Seasaaで使用中の「うえしょうが行く!! 」につきましては、特に移行を予定しておりません。

リンクやブックマーク等の修正をお願いいたします。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

時刻表への投稿(1)

予備校生活で欲求不満がたまっている中、親に内緒でJTB時刻表「グッたいむ」への投稿を始めたのです。
投稿をしていたことを親に話したのは、大学に合格してからでした。

時刻表に初めて採用されたとき、非常に嬉しかったです。
自分のネタが時刻表を通じて全国に知れ渡ったわけですから。
当時はネットもない時代ですので、「遠方の人に自分のことを示す」といったら大げさかもしれませんが、とにかく嬉しかったのです。
とはいえ一度採用されただけでは覚えてもらえないと思い、その後も常連を目指して数々のネタを送っておりました。

しかし、そんな中でも悩み事はあったのです。
それは、浪人中とあって旅行出来ない。
そのためとにかくネタが少なくて苦労したものです。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

早く大学に行きたかった予備校時代

多くの友達が大学に進学する中、1年間、予備校生活を送っておりました。
鉄道好きの仲間の一人とは同じ予備校に通っていましたので、よく鉄道話をして息抜きしておりました。

とはいえ、浪人中というと、何かと欲求不満になるもの。
旅行に行きたくても勉強が大事。
そんな訳でさすがに毎日予備校と家の往復でした。
けど、旅行に行けないのは仕方ないとしても、鉄道趣味を休むなんて事は到底出来ません。
鉄道雑誌や時刻表は読んでおりました。

また、模試で大阪電気通信大学などから帰ってくる際には、京阪でも列車を選んだりしたものです
京橋から淀屋橋まで特急に乗ったり…。
そんなわけで欲求不満がたまっておりました。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

卒業はしたものの…転機となった四国旅行

高校は卒業したものの、大学合格は果たせず1年の浪人生活に。
そんな中、4月にまたしても四国に行ってまいりました。

このときも乗りつぶしをしょうと、吉備線に乗ってから児島へ出て、下津井へ。
下津井電鉄は廃線になってしまったので、結局はバスで下津井に出て船で四国へ渡りました。
さすが、雄大な瀬戸大橋。そんな中、フェリーとあって室内は広くて(鉄道に比べると)豪華。
列車の車窓からはあまり見られなかった何か大きなものを初めて見たような感じで、非常に感動的でした。

また、6月に廃止になる同和鉱業片上線にも乗ってきたのですが、私1人に運転士と車掌という状態。
客車の運転時間帯が過ぎていたのでDCだったのですが、何だかひっそりとした感じでした。

今回の旅行では、今までの旅行と確実に違ったことがあったのです。
今回は吉備線や片上線も確かに楽しいはずなのですが、その思い出よりも船に乗った印象の方が大きかったのです。
今までは鉄道に乗ってきたときの喜びが印象に大きく残ってきたものですが、鉄道趣味を通じて他のものに巡り会える楽しさを知ったという意味で画期的な旅行だったのです。
posted by うえしょう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。