2007年01月28日

学研北生駒−生駒(5.9km)

blog067.jpg学研奈良登美ヶ丘では駅前広場を少し見物。
イオンがあって買い物には困らないような感じ。奈良先端に行った人からは「何もない町」と聞いていたのですが、結構発達しているなという印象。少し前まではひどかったのかも。
多数派なった大阪市交20系を見送り、次の近鉄車で戻りました。
沿線はトンネルが多く、北生駒の車庫もそのまま使っていました。
なお、大阪市交20系が多数派となったのは、けいはんな線延伸の際、20系の方が24系に比べて改造費が安く済むことが分かったので、谷町線の20系9編成を中央線の24系9編成と置き換え、24系の改造を最小限にしたからだそうです。
posted by うえしょう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 完乗日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学研北生駒−学研奈良登美ヶ丘(2.7km)

blog066.jpgけいはんな線も開業から1年経ちますが、ようやく乗ってきました。
これも、時刻表仲間のツアーの下見で私市ハイキングをするとなると、奈良交通の傍示−富雄のバスは1時間1本ほどあるので、これをうまく組み合わせれば京阪交野線にけいはんな線を組み合わせられるなと思ったので下見を兼ねて乗っていました。
ほかにも私市からですと、交野市から生駒方面に抜けるバスも使えるのですが、土曜休日は1日2本しかないのがネックで、いい時間帯に走っていないので不向きと判断しました。
やってきたのは少数派の大阪市交24系。今は4編成しかないので貴重な存在でした。
途中、近鉄車とすれ違いました。車庫もありました。
現在は学研奈良登美ヶ丘までですが、この先は高の原までの延伸計画があるので楽しみです。
posted by うえしょう at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 完乗日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郡津→私市(3.5km)

blog065.jpg実は、長年大阪に住んでいながら京阪交野線はまだ乗っていなかったのです。
学生のとき上下水道工学の見学で村野浄水場まで行ったときに郡津まで乗ったのですが、そこから先がなかったんですね。

私市はハイキングの名所なので見所も豊富。
時刻表仲間のツアーで企画が組まれたらいいなと思っていたのですが、地域本部長や代表が寝屋川の人なので「近すぎるから自分で企画したくない」意向のようで、結局は自分から提案しないと実現しないと判断、企画の下見を兼ねて乗ってきました。

やってきたのは京阪10000系。
10000系には宇治線で乗ったことはありますが、支線用とあって乗ることは少ないです。
1900系の置き換えもあなり進んでますね。新しいので快適(1900系の古めかしさもいいのだけど)。
途中、JR学研都市線と交差したけど、学研都市線も河内磐船付近は5回ほどしか乗ってないなあ(それでも十分なのかも)。
posted by うえしょう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 完乗日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

谷町線の思い出(小学校入学前まで)

南森町へ行くには、梅田で谷町線(東梅田)に乗り換えが必要です。
谷町線は一駅だけでしたのであまり楽しめなかったのですが、それでも
当時の谷町線は都島−天王寺間と大変短かったので、編成のバリエーションは少なかったです。30系アルミ車(当時は非冷房)と、50系がともに6連で運転されているといった状態の天下でした。
ただし、当時の50系はクリームとオレンジのツートンカラーでしたし、30系にしても紫の帯は入っておりませんでした。
その内、路線カラーが制定されて、30系に紫の線が入り、50系は薄い緑に紫の帯という塗色に代わっていきました。
私は、30系は画一的な編成であり、御堂筋線でもお世話になっていまして野でそれほど好きではありませんでした。
一方、50系は色だけでもバリエーションがあるように感じたので好きでした。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

御堂筋線の思い出(小学校入学前まで)

小学校に入る前、私は南森町に行く用事があり、母親と一緒に江坂から地下鉄御堂筋線と谷町線に週に一度乗って往復していました。
ただ、それだけでは飽きるので時々ルートを変えて、大阪から新大阪まで国鉄に乗ったり、南森町に行くのに豊津から千里線と堺筋線で行ったりしたのを覚えています。
「どうやって行ったか」は結構覚えています。

当時の御堂筋線は、30系の天下。30系は一部の編成を除いてドアの窓が高い位置にあるため、背が低かった私は外をまったく眺めることが出来ないので嫌いでした。
しかし、ステンレス車では4+4の編成もあり、中間運転台の車両にあたったときは運転台に座ってクロスシート感覚で外を見ていたように思います。
また、北急2000系は、ドアの窓が低かったので好きでした。
唯一の冷房車である10系は試作編成1本しかなく、それも中津−天王寺の運用に入っていることが多かったので、たまに見ることはあっても乗ることはありませんでした。そんな中、1度だけでしたが量産型が出る前の試作車に江坂から乗った時は感動したものです。
まだ路線カラーが出来る前でしたから、赤い帯は入っておりませんでした。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

今里筋線の将来を考える

先日、12月24日の正午に開業した今里筋線に乗ってきました。
駅は今里・井高野と太子橋今市の乗換えを見てきました。
今里駅では、今里筋線のホームへは少し歩きますがそれほど不便ではないかなという感じなので、今里筋線沿線から難波方面に向かうのには結構使われそうです。
太子橋今市駅ではエレベーターに乗ったのですが、L字接続で歩く距離が短くて快適でした。

乗客は多くなかったです。
緑橋や蒲生四丁目といった、市交同士での乗換駅での乗り降りが特に多いというわけではなく、他の乗換駅(鴫野、関目生育)も、中間駅も似たような乗降という感じ。だけど太子橋今市だけは乗り降りが多かったです。守口方面→今里方面、井高野方面→東梅田方面という乗換えが多いのでしょうね。

大阪市は財政難のため、地下鉄の建設を凍結するという話も出ているようです。
今里筋線は南は喜連瓜破方面(湯里六丁目)に延長という構想はあります。
こちらは私もよく分からないのですが、ある程度「鉄道空白区域」を埋めることが出来るのではないでしょうか。
こうなれば確かにそれなりに今里筋線は利用されるでしょうが、結局は今里以南の客が増えるだけで今里以北の乗客はあまり変わらないのではないかなという感じです。ただ、湯里六丁目だと谷町線との接続はないかな。
それに大阪外環状線とかぶるところもあるので、こっちの恩恵の方が大きいでしょうね。

北側にしても今里筋である国道479号(大阪内環状道路)同様、井高野から相川、吹田と経てを江坂方面に伸びてくれば…ということも考えられなくはないです。実際にそうした意見はあるみたいです。
もっとも、吹田市・摂津市あたりの別組織による運営か、吹田市・摂津市が大阪市と合併する必要が在るでしょうが…。

けど、これも飛躍的に乗客が増える機があまりしないです。
実家が江坂の私にとって便利かな、と思ったりしたのですが、実際問題、今里筋線に乗ってどこかに行く機会が結構あるでしょうか?
京阪沿線なら関目生育乗換えよりも淀屋橋乗換えを選びますし、近鉄沿線へも難波か上本町(谷町九丁目)乗り換えですしね。
鴫野から学研都市線方面へならそれなりに使えそうですが、学研都市線沿線に行く機会があまりないですしね。

となると、やっぱりこれ以上の延長するくらいなら、御堂筋線を複々線化するとか、実際に計画があるものでは「四つ橋線から北に延長する路線」とかを作ったほうが効果的と思います。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | うえしょうの「鉄道総論」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

鉄道が好きになったきっかけ

自分が鉄道好きになったのは、おそらく子供の頃だと思います。
なぜか数字が好きだったので、マンションの1回に住んでいたのですがよくエレベータによく乗っていたそうです。
地下鉄や私鉄に乗ると、車番ばかり見ていたように思います。

私は2歳の頃までは尼崎に住んでいたのですが、その当時のことは記憶にありません。
当時はまだ阪神国道線が走っていて、私も乗ったらしいのですが、さすがに記憶にないです。
近くに東海道線が走っていたので、新快速とか貨物列車とか見にいっていたらしいけど、全然覚えていない…。
ただ、こちらは証拠写真はありますが。

そして、物心がついてから最も古い記憶というのが、江坂(吹田市)に移り住んでから、母と阪神電車に乗って尼崎に行き、昔住んでいたところの友達に会いに行ったことです。「もっとも古い記憶が鉄道の話」というのも、何だか私らしいかも。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の鉄ちゃん履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

「私の鉄ちゃん履歴書」始まります

うえしょうです。お久しぶりです。

私のサイトを振り返ってみて、私自身の「鉄道趣味」としての自己紹介については「鉄ちゃんたちに100の質問」などに書いてきましたが、詳しい生い立ちについては書いていないな、ということに気が付きました。
そこで、ブログを通じて今までの鉄道趣味にかかる生い立ちを書こうと思い、「私の鉄ちゃん履歴書」なるものを連載していきたいと思います。

具体的には、3月までは毎週木曜日に、4月以降も月数回のペースで新たな記事を書いていきます。

他に、私は大学の頃から「鉄道趣味(の実態?)」そのものを見るのが好きになり、学生時代から何らかの形で執筆したいという構想があったのですが、こちらについても近く当ブログで紹介していきたいです。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

今里→井高野(11.9km)

blog062.jpg伊勢の帰り、12月24日の正午に開業した今里筋線に乗ってきました。
近鉄今里から地下鉄今里まで歩きます。入ったのは千日前線の今里駅。
今里筋線のホームへは少し歩きますがそれほど不便ではないかなという感じ。

大阪市交の地下鉄としては、初めてホームドアが設置されたとあって(ニュートラムでは設置済み)、ホームはすっきりした印象を受けました。
車内は閑散としているかな、と予想していたものの、意外と人が乗っていてびっくり。とはいえ4連で乗車率30%程度ですが、千日前線や中央線よりもちょっと悪いくらいかなという程度。

車両の80系はリニアモーターカーで、鶴見緑地線と同様のタイプ。
車体が小さいとはいえ、それほど小ささを感じさせない優れもの。

途中の乗降は、乗換駅か否かで大きく分かれるということもなく、満遍なくいるという感じでした。
ただし、太子橋今市だけは乗り降りが多かったです。守口方面→今里方面、井高野方面→東梅田方面という乗換えが多いのでしょうね。

井高野で記念撮影後、地上に出てみました。
住宅地の真ん中という感じで、コンビニすらありませんでした(徒歩数分くらいであるのかな?)
帰りは太子橋今市・東梅田経由で江坂へ。

家に戻ってから地図を見たのですが、江坂から井高野までって、自転車で20〜30分くらい、歩いても1時間あればいけるかなと言う場所なんですね。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 完乗日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ザ・プラトンホテル

blog061.jpg近鉄四日市駅から歩いて4分のところにある「ザ・プラトンホテル」
2007年を記念して作られている「新春特別プラン」という、税差込で2007円で宿泊。毎年、好評みたい。
だけど、来年は1円値上げされているんだろうな(笑)。

玄関はそれなりに綺麗だったけど、結婚披露宴とに次回で使った人で群がっていました。
宿泊よりも宴会がメインなのかもしれないです。

部屋はオートロックで、東横インに泊まりなれている私から見ると、結構広く感じました。
ユニットバスも大きかったですし。

また、インターネットも無料で出来るのは快適。
以前の東横イン同様、ケーブルは貸してくれるシステムになっていました。
(最近の東横インは、ケーブル付きに改造なっている)
しかし、1回電源を切った後に再接続ができなくなるというハプニング。
結局、LANケーブルを根元から一旦外してつなぎなおすと、直ったけど、これで結構ロスしたなあ。

あと、食事は付いていないので、夕食は近くで済まそうとネットで調べたら、500mほど歩けば松屋があることが分かったので足を延ばしてきました。。

でも、今回はやっぱり値段が魅力的だったかな。
posted by うえしょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・民宿宿泊日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。